スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
リンパ球移植
最後の更新から一年半。
ちょっと記録しておこうと思います。
あれから、採卵し、移植した周期に妊娠がわかるも、心拍が見えるのが遅く、見えてもかなりの遅さ。
9週で心拍が止まり、流産手術。
麻酔の効きにくい私は意識のある状態でした。
目を閉じていたけれど、ずっと目の前が真っ赤で、子宮の中が見えていたかのような感じでした。
今思うとあれは赤ちゃんからみえてた景色だったのかな。
本当に辛くて、術後、麻酔が完全に解けてないのに涙が止まらなかった。
赤ちゃんの染色体検査もしたけれど、異常なし。
異常なしってことは他に何か問題があるのか???と思ったけれど、私の年齢のせいで流産率が高いからかなとか考えてました。

その後も何度も移植するけど、妊娠には至らず、さらにもう一度妊娠反応を見たけれど、判定日の次の週、5週で胎のう確認に行ったら、超音波室ではなく、診察室に呼ばれ、あれ???と思ったら血液検査の時点でもうhcgがかなり下がってて、超音波をするまでもなく流産だと告げられ、二度目の流産なので、不育の検査を勧められました。

不育検査はその検査の種類にもよるけれど、かなり高額なものもあり、いろいろ検討した結果、一人目が一回の移植でできているので、染色体の検査やリンパ球の問題の可能性も低いだろうということで、血液が固まりやすいとか、自分への抗体がないかという検査など数種類の検査をしてみました。

その結果、血液が少し固まり安いという結果が出たので、そのせいか・・・ということで、バイアスピリンを服用しつつ、また2回チャレンジ。

それでもできない・・・。

最近、みるみる貯金が減っていき、旦那は不妊治療にかかる料金が高すぎると怒りだし、成功率が高い病院じゃないのか!?と怒る始末。
ただのモンスターペイシェントじゃないか・・・。

それでもなんとか彼を説得し、あと3個残ってる胚も失敗したらいやなので、リンパ球の検査をしてみようということになりました。
こちらは夫婦2人で40000円くらいの検査。


そしたら・・・。
まさかのビンゴ!!
男性不妊、血液固まりやすい、リンパ球に問題・・・
どんだけ不妊要因があるんだ!!!
もっと早くこの検査を受けておけば、2人の子たちは流れないですんだかもしれないのに・・・。

結局、このリンパ球輸血を来月から始めることになりました。

二週間に一回、それを4回。
最後の輸血が3月の頭。

それまで治療はお預けです。
まぁ、お金もないんですけど・・・。
それまでに去年からゆる~く始めてるバイトや手作り品の販売、節約などで少しでもお金を貯めておきたいなと思います。

少し前から、娘と同じ日に生まれた、スイミングで知り合ったお友達のママも二人目がなかなかできず同じ系列の病院に通い始めたので、また2人で同い年の子を産めたらいいね。。。と励ましあいつつ頑張っています。

二人目不妊が深刻なのはこういうことだったのね・・・。
一人目がすぐにできたならなおさらこういう検査する人って少ないかも。

こんな不妊原因だらけの私たちのところに一度の移植で来てくれた娘に感謝です。

まさか自分が不妊で不育だったなんて思いもしなかったのですが、原因がわかってちょっとだけほっとしました。
来年で40になってしまう。
年齢的にも本当に焦ります。

また赤ちゃんを抱けたらどんなに幸せだろう・・・。
頑張ります。

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © さっちんの不妊治療日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。