スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1年ぶりの再挑戦
去年、娘を妊娠したときにできた10個の卵ちゃんを戻そうと二回挑戦して、2回とも失敗に終わり、その後は娘の幼稚園の役員の仕事もあり、治療をお休みしていました。

久しぶりのクリニック、またしてもシステムを忘れてしまい、うろたえてしまいました(^^;;

前回全ての卵ちゃんが戻せなかったということもあり、今回は初めからです。

なので、またHIVの検査やらC肝などなどの高額検査をしなければならず、検査にいってきました。
本当は先月だったんだけれど、旦那サマのお父さんが通院予定の数日前に急に亡くなってしまったのですが、今月やっとです。

私の通うクリニック、成功率は高いけれど、何かと高いのよね、料金が・・・。

私だけで3万近くの支払い。

旦那サマのHIVやらの検査もしなければならなくて確か検査だけで2万くらいかかったよなぁ~~~( ̄□||||!!
と思ってたら、「おうちも遠いですし、近くの病院でも検査できますよ」と看護師さんにいってもらえたので、絶対他の病院でしたもらうほうが安く付くと思ったので、迷わず近くの病院でしてきます~~~。と答えると、検査項目を印刷した紙を渡されました。

結局地元の内科でしてもらったら7000円ほどでしたw

いやぁ~~~、助かったわ。
っていうか、私も地元のクリニックでしてもらいたかった。。。

話が元に戻りますが、この日は院長先生ではなく、他の先生でしたが、感じのよい先生。

私のカルテをみて37歳?と聞かれたのでもうすぐ38になります。
というと、「あぁ、38越えてくると卵巣の機能がガクッと衰えてくるんです。何か生理で変化とかはありましたか?」と聞かれ、そういえば最近、生理周期が元々33日くらいだったりしてたのがいつの間にか28日とかになってきたな・・・と。
私的にはいつも遅れ気味だった生理がきっちり28日で来るようになってやっと人並みになれたなぁ~と思っていたのですが、この生理周期の短縮は卵巣機能の衰えだそうで・・・; ̄ロ ̄)!!

でも、私の場合元々卵巣機能がよかったから生理周期が長かったらしく、今の時点で28日とかならまだまだ普通の人よりは卵巣機能は若いらしいです(´▽`) ホッ

エコーを見てみると右の卵巣の方がたくさん卵ができてるのが見えてて右の卵巣は卵が6.7個見えてて働きが良い感じでしたが、左は3個で少ないとのこと。
今回は右になりそうだなぁということでした。

前回が左だとしたら前回の生理周期が27日とちょっと短かったので、左の方が衰えてるということは左から排卵したときは生理がちょっと早くなるという具合なんだろうなということが初めてわかりました。

そして今回また新たに分かった事。

前回胚盤胞まで育てる予定だったんだけど、うまく育たず中止になり、その原因がもしかすると糖尿の数値が高いかもしれないとのことを伝えられる。
胚盤胞に育ちにくい人は糖尿の家系か、糖尿の気があるということで、その検査もしておきましょうとのことでした。

もし数値が高ければ、糖尿の薬を1.2ヶ月飲んでから治療すると胚盤胞に育ちやすい。ということでした。


糖尿・・・私、甘いもの好きだし糖尿の家系じゃないけどヤバイかも・・・。
かなりドキドキ。

まぁ、解決策があるのでまだ気は楽なのですが・・・。

こんな感じで久しぶりの診察は終了。

スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Copyright © さっちんの不妊治療日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。