スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
移植!!
土曜日、移植に行ってきました。

前日の夜、たまたつけてたテレビに赤ちゃんを抱っこしてる人が映ってて、それを見て「赤ちゃん抱っこしたいねん」と言い出した。
そして、人形のメルちゃんを横抱きにしてて・・・。

今までそんなことしたことなかっただけにびっくり。
赤ちゃんの映像を見たからかもしれないけど、うちの娘はたまに、スピリチュアルなことをいったりするので、もしかして察知してくれてる?と。娘の反応にちょっと嬉しくなってしまいました。

だけど、やっぱり不安で不安でしょうがなかったのですが・・・。

クリニックにちょっと早めに着いたけれど予定どおり1時半過ぎにはPHSに連絡があり、「今日する胚移植について説明いたしますので説明室へ来てください」という感じで言われました。
今日戻すって言った???ということは戻せるの?とたった数メートルの移動距離の中でグルグル考える。

中に入ると胚の絵を見せてくれながら「今日はお戻しできますよ」とのお言葉!!
この数日、ドキドキし続けていた私は思わず胸をなでおろし、「はぁ~~~、よかった~~~」

残っても1個しか残らないだろうなぁと思っていたら、なんとすべて生きてくれてた。
ただ、そのうち二つは分割速度が遅いのでおそらくそのうち分割が止まるでしょう・・・とのこと。
そして、4つが胚盤胞になってくれてました。
一番早く分割してた子は中につぶつぶが見え初めてないといけないんだけど、朝の時点ではまだ見えてなかったとのことで、もし戻す前にチェックして状態が変わっていたら一番早い子を戻すけれど、変わっていなければ、その次に早い子を戻します。ということでした。

そして、それ以外の子を翌日まで培養して胚盤胞になった卵ちゃんを再凍結してもらうことになりました。
引き続き、卵ちゃんたち頑張れ~~~。
また必ず迎えにいくからね~~~!!

そして、またロビーで、少し待ったあと、リカバリールームへ案内されました。
前回の古い建物のときは市民病院か何かの大部屋みたいなところにベッドが何台もあって、カーテンで仕切られてて、何かの手術をされた方の「痛い痛い」といううめき声とか聞こえてきてたんですが、大違い!!

ちゃんとドアもついてるし、部屋の天井にはテレビが!!

案内してくれた看護士さんにいろいろ説明を聞いたあと、あと4人待ちなのでもう少しお待ちくださいとのこと。
えぇえぇ、この部屋を楽しみますよ。とばかりに看護士さんが出て行ったあと、とりあえず術着に着替えてスタンバイ。
ベッドに座ってとりあえず案内を読んでると天井に付いてるテレビはテレビ番組をみるものじゃなく、DVDが見れるそうで・・・。
見てみるとたくさんメニューがあり、花をテーマにしたものやグレートバリアリーフや屋久島の海とか癒し系の映像を選べるようになってたのでとりあえず、新婚旅行でいったグレートバリアリーフの海をつけてヘッドフォンで音楽を聞きながら案内の冊子を読んでると、DVDのメニューの中に採卵前や採卵後、移植前や移植後にしたら効果的なATレッスンのナレーションが聞こえるものがあった!!

このクリニックでATレッスンをやってるのは知ってたし、最初に治療で通う前にたまたまここのクリニックの院長先生が書いた本を読んでたときにATレッスンを知ったのだけど、実際にやったことはなかったんです。

とりあえず、時間がなかったけど、移植前のメニューをやってみた。
感想は、移植できるという感動と、あまりにもすごすぎる設備に感動していたのとでちょっと興奮気味だった私、ちょっと落ち着けました。
こういう一般的に西洋医学では非化学的といわれてることも実施してくれるこのクリニックは本当にすごい。
西洋医学的なことももちろん日本では有名なクリニックですが、それプラスメンタル面、気功などなど、総合的にできることはすべてやってくれてる感があるので本当にすごいなと思います。

そして、いよいよ時間が来た。

ET室に入ると薄暗く、天井にうっすらプラネタリウムが見えてる感じ。
そして、戻す卵ちゃんの説明を受ける。
どうやら一番に育ってた子ではなく、予定どおり二番目ちゃんを戻すことに。
グレード(?)はBL3

超音波で入っていくところが見えた。
はぁ~、4年ぶりの感動。

そして処置がすべて終わり、卵ちゃんの写真をくれた。そしてそのまま看護師さんが「プラネタリウムをお楽しみください」と照明をさらに暗くしてくれて音楽が・・・。
しばらく星空を眺めてたら、ピピっと電子音。
(⌒▽⌒)アハハ!
せめて電子音じゃなく、もう少し違う音で時間を測ってほしいものだわ(* ̄m ̄)プッ

そして車椅子で部屋に戻り、ベッドに横たわり、早速移植後のATレッスン。
「神秘的な赤い木が何本も立っています。樹海のようです。粘液の小川が流れ、とっても気持ちいいです。」というような内容で、自分が卵になっておなかの中に入って着床するというような内容でした。

確かず~っと前に読んだ本にこれと同じ内容のことが書かれてた気がする。
あの本、自分の本だったのか、図書館の本だったのか・・・。
探してやってみようかな~。

30分の安静が終わり、次々に看護師さんやら薬剤師さんが入ってきていろんな説明を受けたあと、ドリンクを注文。
ゆず茶をいただきました。085.jpg

無事に卵ちゃんが帰ってきてくれてひと安心。
これからもまだまだハードルを乗り越えていかないといけないんだけど・・・。

夏休み中で娘は常に家にいるし、抱っこ~~~とかで前のようにお姫様生活・・・なんてことはできないけれど、できるだけ、無理しないようにしなくちゃ。

そうそう、ちょっと前に、いつも友達としている手作り品の1Dayショップをしたときに、皮ひものペンダントを作って売ったんですが、赤ちゃんがきますように・・・の願いを込めて四葉のクローバーのタグにベビーカーと鍵のチャームを付けました。
SANY0576.jpg
これが売れ残ったら自分用にしよう・・・と思ったら売れ残ったので最近よく付けてます。
移植のときに忘れて行っちゃったけど(^^;)

そして、前回もしていたのですが、卵ちゃんの写真を携帯の待ち受けにしようかな。
これって人に見られると謎な写真になっちゃうので気をつけないといけませんが・・・。
願掛け。

昨日ちょっとおなかがチクチクしたけど、着床痛かな~~~?
着床痛ってどれくらいであるものなんだろう。前は検索しまくって調べてたはずなんだけど、忘れちゃった。
前回は着床出血っぽいのがあった気がするけど、今回はどうだろう。
がんばれ!!卵ちゃん。


スポンサーサイト

Comment

管理人にのみ表示する


Track Back
TB*URL

Copyright © さっちんの不妊治療日記. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。